鎌田 悟の ”レーシング日日"

岩手県花巻市出身の元バイクレーサー、鎌田悟のブログです。
プロフィール スケジュール レース結果 個人スポンサー募集 *GOODS* フォトギャラリー お問い合わせ・連絡先 メディア情報 リンク&スポンサー
モタードエリア選初開催&もて耐初参戦の巻〜
皆さんお久しぶりでございますm(_ _)m  鎌田です。


お陰様で前回の記事を更新してからのこの間は、
’15鎌田にとって最も濃ゆーい1ヶ月間となっておりました!

まぁ、タイトルでほぼネタバレしちゃってる感は否めませんが、、
本日はここひと月の事を、つらつらと書き連ねて参りたいと思います。



まず、束の間のふるさとタイムより桶に戻ってからは―

半月後に迫ったMFJスーパーモト東日本エリア選手権に向け、特設ダートセクションの造成工事に毎日精を出しておりました。

…と、言いたい所だったのですが、、

ここ十数年来の日照時間の短さやらと工期が重なってしまい、あと少しで完成するはずのダートセクションは、工事どころかご覧の通りグッチャグチャに..(=_=;)

土いじり経験のある方ならお分かりの通り、ここまでぬかるんじゃうと作業がしづらいどころか余計に壊しかねないので、工事はかなり難航しました。。

それでもなんとかレース前々日の金曜から晴れ間が差し、参戦ライダーの方々の助けもあり、徹夜作業の甲斐もあって・・・

当日はこんな感じのダートセクションを含んだ特別コースにてレースが行われました!



桶川スポーツランドとしては初開催となるMFJの公式戦、しかもダートセクション作成は自分的に初だったので不安も多かったのですが、無事レースが終わりホッと一安心。 

今年は桶川発のシリーズ戦SS Killers!とこのエリア選を併催したので、参加者の方々には何かと窮屈な思いをさせてしまい申し訳なかったのですが…
皆様のお陰で、来年に向けいいイベントになったのではと思います。
当日お越し頂いた全ての皆様、ラストのコース清掃をお手伝い頂いた方々、本当にありがとうござました!!



そんなこんなで桶川的年イチのビッグイベントを企画するのと並行し―

タイトルの通り、合間を縫ってちゃっかりもて耐のテストもこなしていました〜(^-^)

今回私がお世話になったのは、桶川やもてぎのCBR250R DREAM CUPに参戦されている『802speed』さん。

寿さん、爽やか風なチーム写真をありがとうございます!笑

今季より全日本を暫くお休みするという所から助っ人ライダーとしてのお誘いを受け、エントリー開始直前にバタバタと参戦が決定しました。


もて耐といえば―
サンデーレーサーさん達と助っ人の国際ライダーが組んで(組まなくてもOK)7時間を走り切る、日本最大級のイベントレースです!
今年から本業がレーサーではなくサーキットの人となった私としては、イベントの勉強にもなり、且つ桶川の営業活動にもつながり…

なんといっても楽しくレースに出られちゃう!←ココ重要

とあって、とても有り難いチャンスを恵んで頂きました。
赤羽さん&星野さん、何から何まで本当にありがとうございました!

事前にご一緒させて頂いたテスト時のタイムからすると、予選通過77台に入るか入らないか本当にギリギリの感じだったんですが…(というのも予選は国際ライダーが走れないルールの為)

ナイトロンのサスも、中木さんのお陰もあってセッティングの方向性が掴め、
N-PLANの中釜さんに作成して頂いたフルエキもタイムアップの後押しをしてくれて、
事前準備不足の割にはうまい具合に帳尻が合いまして…


130チーム中54位で、無事7時間耐久の決勝にコマを進める事が出来ました(^-^)v

今回の助っ人鎌田的一番のお役目としては、初参戦となる当チームの予選通過を目標に、マシンのコーディネートとコース攻略&ライテクレクチャーをさせて頂く事だったので…
予選を通過した時点で、自分的にはなんだか目標90%クリアと言った感じでとりあえずホッとしちゃいました。 笑



そんなこんなで迎えた8/2(日)、もてぎオープン7時間耐久ロードレース”もて耐”決勝。


もて耐は決勝中のルールとして―

・一人の連続走行時間は最大90分
・国際ライセンスライダーは最大2回しか走行出来ない
・給油は1回5L以内で、使用する携行缶はもてぎから貸与される物限定
・マシン差軽減の為、給油時のピット滞在時間は4分、3分、2分とクラスによって異なる
・走り終わったら1回30分以上は休憩を取らなくてはならない


などなど、その他にもレースを安全に楽しくする工夫が沢山あり、チーム全員でルールを理解し作戦を立てなくてはなりません。

これを踏まえて当チームのお二人が考えた作戦としては…

ルール上2回しか投入出来ない国際ライダー(私)をフル活用する為に、まず私がスタート時の満タン状態からガス欠ギリギリの90分間を走り、その後チームのお二人が30分ずつ交代し給油しながらガソリンを貯金して行き、満タンになったらまた90分私が走る!

という戦略でした。。(^-^;  笑

レースの開始はお馴染みのルマン式スタートでしたが、出走台数が77台と多い為、54番グリッドの当チームは第二スタート。
要は上位39チームがスタートしてから1分弱後のスタートとなりました。

無難にスタートを決め、一周目は第二スタートの4位で通過!
と言ってもこの第二スタートグループにも、自分と似た境遇の猛者的な方々が沢山いらっしゃるワケでして…

Photo by 高畑さん。いつも走行写真をありがとうございます!


自分は元GPライダーの宇川選手ととても貴重なロングバトルを楽しませて頂き、
(宇川さんありがとうございました)
一時50台抜きの総合4位までポジションUPしバトンタッチ!


その後は安定したペースで赤羽さんと星野さん&ピットクルーの皆さんでバトンをつないで頂いて…

何気なく桶川常連のZAI選手がフレームインしてますね!笑


残り2時間を切った辺りでもう一度90分間を走らせて頂き、その後最終ライダーの星野さんが好ペースで走り切って、7時間の長丁場は無事チェッカー。
終わってみれば予想より燃費が良かった為、当初の計画より一回ピット回数を減らしてのレース終了となりました。

はじめは「テスト無しでフルエキを入れちゃって燃費は大丈夫かな…?」
なんて思っていたんですが、カップ仕様のままのマップでいった事も功を奏したのか、パワーUP&高回転振りになったのに、ほとんど燃費は変わりませんでした!(@_@)
燃調のセットを出せば全然もっと走りそうなフィーリングでしたが、今回はこれでちょうど良かったのかも知れませんね~。
N-PLANさん、いいマフラーとアドバイスをありがとうござました!



台数が台数なだけに、決勝後の車両保管もストレート上にビッシリ!



で、おまけ?の結果報告ですが―

『全員ノートラブルで完走!』という、一番大事な目標を達成したご褒美に…



なんと総合10位で入賞を果たしちゃいました!(ST-CBRクラスでは5位!)

リザルトはコチラ


いやー、チーム一丸となって走り切れば最高の感動と結果がついて来る!
これが耐久レースの魅力の一つなんでしょうねー(^^)

今回は他機種に比べ非力なCBR250Rでの参戦でしたが、やっぱりトータルの安定感は一番なんだなーと、ホンダマシンの素性の良さを再認識した部分もありました。


改めましてお世話になった全ての皆様、ありがとうございましたm(_ _)m



しかしながら、今回私がもて耐に参戦してみて感じた事は…

当チームで一番大変だったのは、間違いなく給油マン&サインマンの御三方だった。。
という事。
私たちライダーが楽しく最後まで走れたのも、裏方さんの頑張りがあってこその事です。

ミヤさん、アカサカさん、コミネさん!
7時間耐久ピットクルー、本当に本当にお疲れ様でございました..m(_ _)m




と、気付けば今回はかなりの長文ブログとなってしまいました、、
申し訳ございませーん..m(. _.)m


以上を踏まえたここ一月の全体所感としましては―


今回のモタードレース開催&もて耐参戦に携わり、
昨年までとはまた違った得る物が、本当に沢山ありました。

今後は各地のレースイベント等にも足を運び、もっと勉強しなくてはと、
しみじみ想う今日この頃なのでありました~。



おしまい



19:00 | レース | comments(2) | - | author : 鎌田悟
里帰り
気が付けばブログ更新が半年ぶりになってしまいました、、
この間ご覧いただいていた方々、サボりにサボってすみませんでした。


皆さんおばんでございます<(_ _)> 鎌田です。


さて―
あっという間に過ぎていた、2015上半期。
あと2日でもう7月だなんて、信じられないというか、正直ちょっと焦りますね..(-.-;)

そんな私はライダーをお休みしている分と言ってはナンですが、
桶川スポーツランドに新たな企画を盛り込んだり、その他にも新しいお仕事が動き出したりと、お陰様で充実した日々を過ごしておりました〜。

というか気付けば前より忙しくなった感じで、休みも取らず奔走し続けていたんですが…


故郷岩手での法事をきっかけに昨日今日と久々にお休みを頂き、束の間の里帰りをして参りました。



14355530526911.jpg
以前帰郷したのは2月の年祝い(同窓会みたいなヤツ)の時で、雪景色全開な感じでしたが…




14355528866460.jpg
初夏と言うこともあり、今回はご覧の通り深緑に囲まれての実家帰りを満喫する事が出来ましたー(^^)





法事の内容は、昨日行われた父方祖父の七回忌法要でした。

14355546269570.jpg
久しぶりに内々の親戚が実家に集まり、思出話等に花を咲かせました。

14355546513971.jpg
一番左がじいちゃんです。






外を見れば、庭先のブルーベリー園もいよいよシーズン間近となって来ていましたね。
14355546904622.jpg14355548571270.jpg
今年は7月10日より開園との事なので、岩手花巻にお越しの際は是非だいわブルーベリー園へお立ち寄り下さいませ〜(^_^)/





今日は折角帰郷したのに、家から一歩も出ないの勿体無いかも!と突然思いたち…


14355656557550.jpg
帰りの新幹線の時間調整の少しの間、超久しぶりに近所で渓流釣りをしてみました。
私の小中高の夏の遊びと言えば川遊びがメインだったので、とても懐かしい気持ちになり、いいリフレッシュが出来ました!




14355656657281.jpg
しかしながら、釣果はご覧のハヤちゃん×4匹の外道祭り。。
以前は山女魚が結構釣れたハズなんですがねー..f(-.-;




と、そんなこんなで二日間の帰郷はあっという間に終了し、
現在はもう関東に戻り、桶川のアパートにてブログを更新しています。


全日本をお休みしたのもあり、今年は一切ブログをUPしていませんでしたが…
これからはまたちょくちょく更新していくつもりですので、たまーに覗きに来て貰えると嬉しいです(^^)

・・・あっ!
一応レーシング日日ってタイトルのままだし、今度はバイク関係の事を書きますねf(^_^;
久々の更新なのに私の休日を紹介しただけで、なんだか内容の無い記事になってしまいすみません。。





それでは、今日はこの辺で。



22:44 | 里帰り | comments(3) | - | author : 鎌田悟
こんな手術をしました。
綾さん、八潮のAPEさん、H.Sさんコメントありがとうございます!


術後四日目にしてやっとこさブログ更新にこぎ着けた鎌田です。。

おばんでございますm(__)m


とはいえ今日も痛み止めが切れると頭痛と発熱、そしてなぜか歯の痛みと戦っている状態なのですが…

昨日まではほぼ一日中そんな感じで、さらに口から定期的に血を出さなくてはならなかったので、ほとんどなにもせず横になっておりました..(;´_ゝ`)


…と、そんな私が今回受けた手術ですが―


・鼻中隔矯正術



・下鼻甲介切除術


という物で、簡単に言うと、鼻詰まりを改善する物です。
(画像はリンク先の物をお借りしました)


って言うとなんだかたいした事ない感じですが、自分の場合はこれが年々酷くなり、ここ数年は慢性的に体調が優れない感じでした。


最近ではほぼ鼻が通っておらず、鼻水の殆どはノドに落ちる始末、、
そこに来て口呼吸メインになるので冬場は決まって気管支炎っぽくなり自然に会話が出来ないし、何より寝付けない!


さらに、常に喉が詰まっているので物を食べたりちょっと水分補給を怠ると吐き気をもよおしてしまう・・・


等々、その他花粉症の時に起こるボーッとしたりも含めると、相当な弊害が生じておりました。。


こんな状態だったので数年前から耳鼻科に行ってはいたものの、結果は特に異常ナシ。。


おかしいな〜と思い、今年もシーズンが終わり耳鼻科や内科に行くも…

結局どこへ行っても見解はマチマチでこれと言った原因は判明しなかったので、大学病院に紹介状を書いて貰い、より高度な診察を受けることに。


それが今回入院している北里大学メディカルセンターでして、
行くなりなんなり即原因が判り!!
その日に手術の日程も決まりました。。
むしろ今までのは何だったのさぁ〜…┐(-。-;)┌


とまあ簡単な手術の内容は上の術名にあるリンクを踏んで貰えばお分かり頂けると思うんですが―


自分の場合は幼少期に負った顔へのダメージも鼻呼吸の障害になっている様なので、今回の手術でどこまで良くなるかは正直不明です。
中の軟骨は直っても、曲がった鼻筋自体はそのままなので。


前回の記事で『今年から来年にかけ顔を直します』と書いたのはこの事で、来年には頬のひきつりを取る形成手術を行う予定でいます。


これがまた口開けらんないししばらく無表情でいなくちゃなんないしで、術後がツライんですよねぇ..(´・c_・`)


頬の手術をサボってたらここ数年段々ひきつりが酷くなって来たので、前からやらなきゃなーとは思っていたのですが、
メットも被るしレースをやりながらだと時間的にも物理的にも無理だったので・・・




今年でキッパリ休止宣言もした事だし。




このタイミングで顔面のオーバーホールを敢行する所存にございます。
21:38 | 2-0-1-4 | comments(3) | - | author : 鎌田悟